POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
Amazon.co.jp:ぼんくら (上)Amazon.co.jp:ぼんくら (下)
 わりに時代物が好きで、けっこうよく読んでいる。
 4年半ほど前に入院したとき、暇をもてあまして院内図書館から借りてきた池波正太郎さんの『鬼平犯科帳』にはまり、『仕掛人藤枝梅安』シリーズもそのあと次々に読んだ。
 司馬遼太郎さんの作品も父親が好きで、実家の本棚に並んでいたのを何冊か読んでいるし、もちろんこの『ぼんくら』の作者である宮部みゆきさんの時代物も手にとっている。霊験お初回向院の茂七にもなじみが深い。
 宮部みゆきさんの時代物では、等身大の人間の姿や普段の町人の様子、ひょいと何かが顔を覗かせる怖さなどが軽妙洒脱な語り口でつづられており、つい引き込まれてしまう。なにより、出てくる人に魅力がある。それも、現代で言うカリスマというのではない。小ずるかったり、失敗ばっかりしていたり、ちょっと短気だったり、だれにでもあるような欠点がある。でも、なんだか憎めないし、そこがいい。

 この『ぼんくら』の主人公、井筒平四郎も掛け値なしの「ぼんくら」同心だ。仕事に対する熱意とか、やる気とかをどこかに置き忘れてしまったんではないか、というような、だらりとしたお人である。
 でも、肩肘をはらないその「ゆる~い」感じが、平四郎ほどにはぼーっとしていない物語のなかにあってはちょうどいい。他の登場人物もこれまた個性的で、次第に緊張感をましていく物語にすがすがしい風を吹き込んでいる。
 それにしても。いろいろなものに対してぎちぎちに厳しくあることや、許せないと思い込んでしまうことはよくあることだが、一歩まちがうと何か恐ろしいところに落ち込んでしまうのではないかという気がしてならない。それを昔の人は、幽霊であったり、なんらかの怪異として感じていたのだろうか。
 世の中にはいろんな人がいて、その「いろいろ」が受け入れられないと、この世は息苦しいものになってしまいそうだ。
 人ごとではない。まっとうに健康でお天道様の下を歩いている、ということはとても貴重なもので、いつなんどき自分も「そちら」に落ちるかわかったものではない。いや、「自分がまっとうで健康に生きている」ということも、実は思い込みなんではなかろうか。
 そう考えると背筋が寒くなったが、平四郎を見習って、考えてもしょうがないのであんまり考えすぎないようにしようかな、というところに落ち着いた。

 蛇足かもしれないが、本作はこんなことを考えなくても、素直に笑いありスリルありでテンポよく楽しめる作品だと思う。
スポンサーサイト
2008.02.28 | Bookshelf: 本棚  
Amazon.co.jp:女王国の城
 たしか、『双頭の悪魔』を読んだのが高校1年か2年のときだったから、それから数えてもゆうに8年ほどは経っている。『双頭の悪魔』が刊行されたのが1992年だから、実に15年ぶり……と考えてめまいがした。
 何のことかといえば有栖川有栖さんの書く、江神二郎を探偵とした一連のミステリ・シリーズものの話である。有栖川さんのデビュー作『月光ゲーム』をはじめとして、『孤島パズル』『双頭の悪魔』と続いていたのだが、ぴたりとその次が出ていなかった。
 それが、なんと昨年(2007年)の秋に続きが刊行された。けれどもそのとき卒業試験まっただ中、加えて国家試験を控えている身。その分厚さに「これをいま読んではいけない」という無言の圧力を感じ取り(ハードカバーで厚みが3cmもある)、背表紙を見つめたまま手をひっこめたんである。

 そういったわけで、自由の身となったいま、やっとこの本を読んだのだった。最近は本を読むスピードが落ちていたから、これは3日くらいかけてゆっくり読むのかなと想像していたら、1日でひといきに読みきってしまった。
 特にこだわりのない半端なミステリ読者のわたしではあるが、ほどよい「謎解き」のパズル感がいい。こまかいところを気にする人には納得のいかないこともあるだろうけれども、わたしとしては江神さん、アリス、マリア、モチさん、信長さんといった面々にまた会えたね、といううれしさのほうが大きい。

 そしてこれ、26日に北山に行ったあとに河原町三条下ルのジュンク堂書店で、友だちと「読み終わったら、あの本とトレードね」という約束をして買ったのだった。貸してもらうのは、『ダヴィンチコード』。あれもこれも、まだ読んでいない本がたくさんある。
 友だちは高校時代からの同級生で、大学は違うが国試のときも受験番号が連番だった。そういえば『月光ゲーム』から『双頭の悪魔』までの一連の作品も彼女に貸したなあ。彼女からもたくさんの本を貸してもらったし、いろんな本を教えてもらった。
 そういう思い出と、『女王国の城』に出てくる大学生(江神さんは28歳だけど)のみんなの様子がまじり合って、ほんの少しだけしんみりしてしまった。10年も付き合いが続いていることを、大切にしたいなと思う。
2008.02.27 | Bookshelf: 本棚  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。