POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
Amazon.co.jp:モーターサイクル・ダイアリーズ
 ブエノスアイレス大学で医学を学ぶ23歳の医学生エルネストは、親友の生化学者アルベルトとともに南米大陸縦断の旅に出る。
 目的は、本でしか知らない南米大陸の見聞。目的地はベネズエラにあるハンセン病の療養所。
 ブエノスアイレスから距離にして、10,000キロ以上。
 交通手段はおんぼろバイク(モーターサイクル)の、「ポデローサ(怪力号)」。
 おまけにエルネストは喘息持ち。
 あふれる好奇心と行動力だけを糧に、金も食料も乏しい無謀な旅がいまスタートした。

 ところで、「チェ・ゲバラ」という名前を聞いたことがあるだろうか?
 キューバ革命の立役者となり、「アルゼンチンの英雄」としてその思想や人生が、いまなお多くの人に影響を与えている人物である。
 チェ・ゲバラの本名を、エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナという。
 「チェ」とはアルゼンチンで話されるスペイン語で、「おい」「ちょっと」といったような呼びかけの言葉で、エルネスト・ゲバラは親しみをこめて「チェ・ゲバラ」と呼ばれた。

 「モーターサイクル・ダイアリーズ」は、エルネスト・ゲバラ(チェ・ゲバラ)の「モーターサイクル南米旅行記」と、アルベルト・グラナードの「トラベリング・ウィズ・ゲバラ」を原作として、偉大な革命家ゲバラではなく、好奇心にあふれ融通の利かない23歳の若き医学生、エルネスト・ゲバラとしての姿を描く。

―これは偉業の物語ではない。同じ大志と夢を持った2つの人生が、しばし併走した物語である。

 2人はポデローサで南米大陸を駆け抜ける。
 冷たい湖に入り、雪のアンデスを超え、マチュピチュ遺跡、そしてハンセン病療養所。
 警察に追われる共産主義者の夫婦、土地を奪われた先住民族、死にゆく老女。
 南米大陸、そしてそこに住まう人々を目の当たりにして、2人は何を思い何を考えただろうか。

 「バッド・エデュケーション」でイグナシオを演じたガエル・ガルシア・ベルナルが、若き日のゲバラを純粋さと情熱と衝動を持って演じきっている。
 それにしてもチェ・ゲバラについては知っていたけれども、まさか彼が医学生だったとは!ちょうどこのときのゲバラと同じ23歳、同じ医学生として、その目線と思想と行動力から得たものは大きい。
2006.05.13 | Movie: 映画  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。