POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
Amazon.co.jp:Takes and Mistakes
―Twelve Short Tales of Life,
Language and Culture in Japan and America


 Daily Life・Language・Cultureの3つのカテゴリに、それぞれ4つずつ、全部で12本の短編がおさまった短編集。帯には「洋書デビューにこの1冊!」と大きく書いてあり、NHKの「新基礎英語3」で連載していた「ケイトの日米比較」から12本を選りすぐって本にしたものだそうだ。

 文末に語注がついているのもあってか、中学生までの英語の知識で難なく読める。洋書入門というばかりではなく、英語の感覚をつかむのにもぴったりな1冊。わたしは『ハートでつかむ英文法』を読んですぐに読み始めたので、よりいっそう楽しく読めた。

 ところでこの本、英語も文章もシンプルでわかりやすい。だからこそすんなりと心に入り込んでくる面白さがあった。
 言ってしまえば日本に来てびっくりしたこと、これは同じだねなんてこと、そういった日米の比較をつづっているのだけれども、日本人があたりまえに思っていることを著者であるケイトさんは「いったいなんで? ("Why on earth ~?")」と問いかけてくる。その視点が面白くて、英語で読んでいるにもかかわらず、クスっとしてしまうこともしょっちゅうだった。
 アメリカ人であるケイトさんの視点を通すことで、日本についての新たな発見にも満ちているのがこの本の面白いところ。
 ゲーテの言葉に "Wer fremde Sprachen nicht kennt, weiss nichts von seiner eigenen." (外国語を知らないものは自国語について何も知らない) というのがあるけれども、まさにその通り。言語に関してだけではなく、文化、生活など、自国にいるままでは見えてこない自分の国の姿というものはある。

 12の短編だけではなく、あとがき(Postscript)までぜひ読んでほしい。
 特に何かをカンペキにやらなきゃと、失敗することを恐れている人にとって、この本はひとつの指針を示してくれるかもしれない。タイトルの "Takes and Mistakes" の通り、この本は著者のケイトさんが日本に来て「やっちゃった!」間違いと、そこから得たものたちのコレクションである。

"I could never have experienced
all my takes and mistakes
if I had stayed in the U.S." (Kate Elwood)

2006.03.24 | Bookshelf: 本棚  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。