POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
イサム・ノグチ展
 世間では大学の夏休みというと、9月いっぱいまであるような長い休みを想像するものらしいが、とんでもない。うちの大学でそんな夏休みがあったのは去年(つまり4年生のとき)だけで、それ以外はどうかすると小学生より短い夏休みである。そういうわけで、今年の夏休みは8月20日で終わった。
 で、いまは大学病院で実習している。
 きょう、思いのほか早く終わったので「そうだ、イサム・ノグチ展を見にいこう」。滋賀県立近代美術館は大学から歩いて10分ほどのところにあるので、こういうことができるんである。

 初対面の印象は、わけのわからなさ。
 うねるフォルム、のびるフォルム、タイトルを見ても「あれっ、なんでそうなるんだろ」と面食らった。
 けれども、見ていくうちにおもしろくなってくる。
 そこにはかたちに囚われない、自由なイマジネーションの翼があり、規定されたかたちよりもどんどん外へと膨らんでゆけるのだ。だから楽しかった。
 たとえば「鳥」と題された作品は、フォルムと「鳥」という言葉だけに囚われていると、鳥の姿は見えない。けれど、ふっと「もしこれが鳥というタイトルじゃなかったら、何に見える?」という声が頭の中でわたしによびかけ、その瞬間鳥が飛び立つ姿が見えた気がした。木に見えたのだ。
 イサム・ノグチの作品は、美術館で見るべきじゃない。
 ひとつひとつ陳列され、「意味のわからない抽象」としてそこにあるのはもったいない。なぜなら、たぶん彼の作品は、ほかのものとの関係性によって生きるからだ。
 つながっていく、ひろがる。
 生命や宇宙のようだ、と思い、そしてイサム・ノグチはそこに彫刻という方法でアプローチしようとしたのだ、そういう気がしてならない。

 【イサム・ノグチ展】
 2006年7月8日(土)~9月18日(月・祝)
 滋賀県立近代美術館
 入場時間:9時30分~17時 (入館は16時30分まで)
 休館日:毎週月曜日 7月17日(月・祝)、9月18日(月・祝日)は開館、7月18日(火)は休館
2006.08.24 | Art: 芸術  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。