POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
興福寺:国宝特別公開北円堂三重塔"

 おりしも「応挙と芦雪」をやっている奈良県立美術館のすぐ向かいでは、興福寺が国宝の特別公開をやっていた。
 国宝の釈迦如来像、弥勒如来坐像、四天王像などが開帳されており、観光シーズンということで人もそれなりに多かったけれども、うすぐらいお堂のなかの黄金と木の仏像はそこだけ光をはなっているかのようにあたたかく、じいっと見ていると心が洗われるようでも、染み入ってくるようでもあった。
 古く歴史を積み重ねてきたこれらの仏像は、欠けや剥げがあちこちに見られ、それでいてなお美しい。
 寺社仏閣をおとずれることの魅力のひとつは、俗世とはなれたその空気を味わえることだと思う。
 そういう意味では興福寺は観光地化されすぎていて、それがすこし興ざめではあった。それでも仏像の美しかったのが、一生に一度くらい見ることができてよかったと思わせてくれたのだろう。

【興福寺:国宝特別公開2006】
 10月8日(日)~11月13日(土)
 奈良・興福寺境内(北円堂 仮金堂 三重塔初層 国宝館)
 拝観時間:午前9時から午後5時
 ※文化財保護のため、大雨などの場合は公開を中止することがあります。
2006.10.22 | Art: 芸術  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。