POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
Amazon.co.jp:カメレオンのための音楽
 「カポーティを読もう・キャンペーン」の4冊めに、『遠い声 遠い部屋』も『冷血』もすっ飛ばして、いきなり、この『カメレオンのための音楽』を選んだ。とくに深い理由はなかったけれど、読みはじめてすぐにこれが晩年の作品であることに気づき、あとで「カポーティ最後の短篇集」なのだと知った。
 はじめに、「序」としてカポーティ自身が自分の作品たちへの批評と、『カメレオンのための音楽』でなした試みについて述べている。それによれば、ここに収められている短編たちは「ありふれた人との普段の会話を、地味にまた簡潔に再構成してみせた」ということであり、そのやり方で書いたノンフィクション中編小説が『手彫りの柩』だそうだ。すなわち、現実に起こったできごとを紙の上に再構成した、その集大成がこの作品なのである。
 ところが(ここが『カメレオンのための音楽』の面白いところなのだが)、日常生活や過去の記憶を文章におこしているにもかかわらず、カポーティ独自のファンタスティックさがいかんなく発揮されている。現実なのか虚構なのかわからない、ふしぎな魅力。現実なのか虚構なのかはもはや小さなことで、見るものをとらえる力を持った画家のスケッチと同じような筆づかいが、『カメレオンのための音楽』に収められた短編たちからは感じられるのだ。「文章のスケッチ」とでもいおうか。
 唯一の中編、『手彫りの柩』はミステリーのような様相も呈し(ただし現実はミステリーのようにオチがついているわけではないので、ミステリーの謎解きは期待してはいけない)、ぐいぐいと引き込まれてしまった。
 現実というものの、あやうい一瞬をとらえて切り抜いた、絵画を見ているような、そんな短篇集。

 ところでこの作品、訳が野坂昭如である。野坂昭如の名前を知らなくとも、『火垂るの墓』を知っている人は多いだろう。宮崎駿がアニメで映画にもしたこの作品の原作者が野坂昭如で、彼はこの作品で直木賞を受賞している(『火垂るの墓・アメリカひじき』)。
 辞書と首っ引きで訳したらしいが、それににしてはさすがに本職作家、なかなか引き込まれる訳になっている。誤訳の有無は不明だけれど、読みやすさでいえば滝口直太郎の訳よりは読みやすい。
 そういえば彼はあとがきで、「カポーティの筆づかいは、きわめて明快」と書いていた。原書でも、いつか読んでみたい。
 なお、『ジョーンズ氏』『窓辺のランプ』『もてなし』『くらくらして(くららキララ)』は『カポーティ短篇集』にも収録されているが、こちらのほうがシンプルで明快な訳かもしれない(訳:河野一郎)。
2006.10.23 | Bookshelf: 本棚  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。