POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
● LOVERS
Amazon.co.jp:LOVERS
 9人の女性作家による、9つの恋愛小説を集めたアンソロジー。

 買って読んだ友達が、「うーん…微妙」と感想をもらしていたのを聞いて、じゃあどんなもんだろうと借りて読んでみたところ、わたしも「ああ、うん」みたいな微妙な言葉が漏れてしまった。

 悪くはない。恋愛体質の女の子なら、夢中になって読むかもしれない。息をするように恋をして、恋すること自体がひとつの意味や目的になってしまっている人だったら、自分の恋愛が世間とズレていると感じたことのある人なら、胸に迫るものがあるかもとは思う。
 9人の作家が9つの、シチュエーションもそれぞれ異なる小説を書いているはずなのに、なぜか受ける印象がわりとどれも同じなのには少し驚いた。シチュエーションも文体も(大して差異はない気もするが)、それぞれの物を持っているのに、どれも恋愛に関してどこかしらはみ出てしまった人たちを描いているせいだろうか。

 9つの中では、島村洋子さんの「七夕の春」が自分的にはいちばん好きだった。
 平凡な日常の中のさりげない心の動きが描かれていて、自分はこういうものが好みなんだなあと感じる。けれど、それにだって日常のなかにうずもれて、やがては忘れていくほどの印象しか持たない。
 きっとそれはいまの自分のベクトルが、恋愛にどっぷりという方向には向いていないから。

 逆にいえば、いままさに「恋している」人のためのアンソロジー。
2006.03.15 | Bookshelf: 本棚  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。