POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
オルセー美術館展
 9月30日にも見てきたオルセー美術館展、帰省したのを幸いと高校以来のお友達と見に行ってきました。混んでいるだろうと予想して、開館してすぐくらいの時間に。その時間でもすでに人がかなり入っており、けれど人の頭ばかり見て絵が見られないというほどではなく、ほどほどの混みぐあい。
 再訪して、すこし絵の配置が変わったのかな?と思いました。記憶違いかも。ゴッホの「アルルのゴッホの部屋」など、前とすこし場所が違っているような気がしました。あれ、どうだったのだろう。
 あらためて訪れてみると、まえ見たときにはなかった味わいがあります。たとえば、展示室入ってすぐのベルト・モリゾの絵「ゆりかご」。ゆりかごの中の赤ちゃんを母親らしき女性が見つめる、そのあたたかさになぜかとても心ひかれました。
 以前見たはずなのに新しい出会いとして目に飛び込んできたのが、オディロン・ルドンの絵。「セーラー服のアリ・ルドン」をはじめとして、とくに第2章に展示されていた「ベイルルバードの道」の、トルコ石のようなブルーがものすごいインパクトで。
 基本的に、やはり小品が多いなという印象はぬぐえず、しかしポスターにも使われている「すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ」(マネ)のある第4章の画家たちの生活は今回もおもしろいという印象を持って見ました。ここの、ロートレックの絵もいい。
 たくさんの画家の筆づかい、息づかい、目線を身近で感じられるという展示で、小品が多いとはいっても見ていて楽しいです。

【オルセー美術館展】
 2006年9月29日(金)~2007年1月8日(月・祝)
 神戸市立博物館
 開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ※金・土曜日及びルミナリエ期間中
 (12月8日~21日)は午後7時まで(入館は午後6時30分まで)
 休館日:12月18日までの毎週月曜日
     2006年12月25日(月)~2007年1月1日(月)
     ただし10月2日(月)・9日(月)は開館
     10月10日(火)休館
2006.12.24 | Art: 芸術  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。