POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
Amazon.co.jp:パッチ・アダムス
 実話を元にした映画。町医者として12年間、15万人を越える患者を無料診療したハンター・アダムスを描いている。
 自殺未遂で精神科病棟に任意入院したパッチは、人を救うことに生きる意味を見出し、医者を志す。
 医学生や、医者を目指す人にぜひ一度は見てほしい映画。

 それにしても、声を大にして叫びたい。

 サイコー!

 病院をエンターテイメントの舞台にしてしまうパッチ、愉快。エンターテイナーの医者、いいじゃん。多くの人が「すごいね」って言いながら、「でもわたしにはできないな」って言いそうだけれども、それはパッチ・アダムスの心とは違う。

 そう、心、ハート。
 エンターテイメントもアートもサービスも医療も、ハートだ。
 きれいごとだ、ってナナメに見る人もいるかもしれないけれど、きれいごとでいい。きれいごとを「きれいごとだから」とあきらめる気持ちは、わたしは持ちたくない。
 パッチ・アダムスは医者だった。入学したときから、医者のハートを持っていた。でも、パッチ・アダムスだけがそうじゃない。医者の免許を持っていなくても、人をいたわる気持ちのとき、だれでも医者であれる。

 そんな「おカタい」話は抜きにしても、楽しい。
 「権威ある」人たちがぞろぞろ、大股おっぴろげた足のモニュメントのあいだにあるドアのなかに吸い込まれていく様子に腹を抱えて笑い転げてしまった。権威だって女の股から生まれたんじゃん、っていうかそこに入ってくしね!あー笑った。

 笑いだけじゃない。けれどもそれは見て、感じてほしい。

 うん、医者だ。
2006.03.11 | Movie: 映画  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。