POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
揺らぐ近代
 「揺らぐ近代」は、西洋文明が身近なものとなりつつあった明治時代以降、つまり「近代」と形容される時代に絵画はどう変容してきたのかを展示しようという試みだ。
 出展されている絵画は、狩野芳崖や高橋由一をはじめ、岸田劉生、黒田清輝、藤田嗣治、川端龍子などあちらこちらの美術館でお目にかかるような、そうそうたる顔ぶれである。じっさい、東京国立近代美術館などで目にした作品もまじっていた。
 試みとしては、面白い。
 しかし、どうもしっくりこなかったな、という感じなのだ。もちろん、中には「おおっ」と思うような作品もあったことは確かだ。だが、同じ京都国立近代美術館で以前開催された「プライスコレクション―若冲と江戸絵画展」に比して、「これはすごい!」という純粋な感嘆を展示会全体から感じることがなかったのも事実だ。
 単なる趣味なのかもしれないけれど。
 思うに、浮世絵などの古典的な手法が中心だった中世から、きわめて自由な表現方法が許容される現代までの、過渡期に描かれた作品が中心だということがひとつの原因のような気がする。新しい手法と伝統的な手法のはざまで、「描く」という行為そのものよりも、どういった手法(技術:テクニック)を選ぶか、何で(油絵具で?岩絵具で?)描くか、新しい表現の手法はないか、そこに腐心しているという印象を受けた。
 それが悪いというのではない。西洋文明の流入はそれまでの価値観を変え、当時の画家に技術的な面での革新をもたらしたことだろう。革新は、つねに混沌としたものとなる。その混沌こそが「揺らぎ」であり、技術も、画家自身も、揺らいでいたといえるのだろう。そのため、「揺らぐ近代」というテーマを象徴するかのような展示ではあった。
 もう一押し、「近代」という時代背景の解説があれば、とそれが残念。「近代」は、日本がさまざまな面での著しい発展を遂げながら、日清・日露戦争などの戦争もあった時代である。そういう、まさに「揺らぐ」近代の時代背景があれば、「揺らぎ」効果をより強められたのでは。
 ともあれ、出展された絵そのものは、完全、自分の趣味に走れば岸田劉生の「道路と土手と塀」が良かった。これ、以前に東京国立近代美術館でも見ていて、そのときも「ただの風景なのに、なぜこんな力があるのだろうか」というくらいの力強さを絵から感じた。あと、たぶん空の色が好き。オディロン・ルドンの「ベイルルバードへの道 (オルセー美術館蔵)」の空の色にも似て、この色そのものが好きなんだなあと実感。
 余談ではあるが、こちらのコレクション展に出ている「若き日の仏陀」もオディロン・ルドンの作品で、これもがっちりわたしの趣味だ!好きだなあ、なぜか。

【揺らぐ近代 日本画と洋画のはざまに】
 2007年1月10日(水)~2月25日(日)
 京都国立近代美術館
 入場時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 休館日:月曜日 (ただし2/12は開館し、翌2/13は休館)
2007.02.25 | Art: 芸術  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。