POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
Amazon.co.jp:λ(ラムダ)に歯がない
 『φ(ファイ)は壊れたね』にはじまる、Gシリーズ(というらしい)の5作目。じつは年末からお正月にかけて3作目の『τ(タウ)になるまで待って』と4作目の『ε(イプシロン)に誓って』も読んでいたのだけれど、ここに感想は書かなかった。1作目と2作目は数年前に既読。
 (ちなみに、「λ」は「ラムダ」と読む)。

 これは感想が、本当に書きにくい。読んで感じてみるしかない。ただ、感じ方にまでは責任をもてない。わたしは好きだし、作者である森氏の考えているものや、著作物がつくる世界の全体を、漠然とではあるが「ああ、もしかして」と予想する楽しさがあって面白かった。
 読みやすさからいったら、たぶんこのシリーズは読みやすい。コアな読者の満足度はどうだか知らないけれど、新しく読もうって人には『すべてがFになる』などの S&Mシリーズよりこっちがいいような気がする。昔より、より普遍に近づいた、という感じ。でも、違うことをやろうとしている、そういう感じがする(同じようなものばかりでもつまらないものね)。
 森博嗣はミステリ作家だと昔は思っていたけれど(同様に他の作家も純文学だの恋愛だのにカテゴライズしていた)、そういうカテゴリわけってあんまり意味ないよなあ、というのが最近の所感。

 ま、好きなものを好きなように読むのがいい、ってことで。
 (けど、そうするとここで書いている意味って……!? あまり気にしないことにしよう)。
2007.04.20 | Bookshelf: 本棚  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。