POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
ロダン 創造の秘密
 ロダンを知らなくても、「考える人」は多くの人が知っているだろう。台座に腰かけ、ひたいに手をやる独特のポーズをとったこの彫刻「考える人」はロダンの代表作であり、彼自身の墓の上にも安置されている。
 わたしも、「考える人」以外の作品はほとんど見たことがない。しかし、あちこちの美術館で何度か出会い、荒削りのようにも、繊細なようにも見える彼の作品には心ひかれるものを感じていた。
 そんなロダンの作品が一堂に会したのが、今回の「ロダン 創造の秘密」展である。
 「これは見たい!」と、趣味を同じくする友人と一緒に足を運んだ。

 ところが、見れば見るほど謎ばかりが深まる。
 ロダン、彼は何を見、何を考えていたのだろう。
 「白と黒の新しい世界」と副題にもあるように、展示物は「白」の石膏や大理石と、「黒」のブロンズ――白と黒の2色を中心にして展開される。
 けれども、よく見てみれば。
 ブロンズ(黒)にあたる光の部分は白く光り、大理石(白)も黒い陰をつくる。白と黒、対極にあるもののように見えるけれども、それらはグラデーションを描いているのだ。
 同じようなことが、作品の持つ性格にもいえると思った。
 たとえば「眠り」という作品は、同じ型で大理石と石膏のどちらもでつくられている。石膏で作られた「眠り」が緻密ではっきりとした輪郭を持っているのに対し、大理石で作られた「眠り」は輪郭があいまいでぼんやりとはかなげな印象をまとっている。
 緻密で繊細な像があるかと思えば、大胆で荒削りな像もある。
 執拗なまでに試作を繰り返し、ついに完成しなかった作品もある。粘土を型として製作するという性質上、同じ作品がいくつもある。作品と作品を組み合わせて、新たな作品を作り上げるかと思えば、身体のある部分だけの作品もある。
 ロダンの作品をひとつひとつ追っていくと、彼自身のことを思わずにはいられない。頭部を彫りだした時点で、あえて完成とした「ラ・パンセ」(思索)。冒頭の「考える人」。
 ロダンの作品世界を見ると、まるで彼の思索のあとを追うように見え、しかもその広さに感嘆するばかりだ。彫っても彫っても、彫りだせないような気がしてくる。

 フランス・国立ロダン美術館の好意で、できる限りケースや柵に覆われない状態で作品を見ることができる。作品の光沢やマットな状態もガラスごしにではなく間近で見ることができ、思わず触りたくなってしまった。もちろん触ってはだめで、行かれるときはお気をつけて。
 金曜日、土曜日の18時以降に行くと、有名な洋菓子店「アンテノール」の、白と黒をイメージしたクッキーをプレゼントしてくれるそう。いいなあ。

【ロダン 創造の秘密 ―白と黒の新しい世界―】
 2007年4月3日(火)~2007年5月13日(日)
 兵庫県立美術館
 開館時間:10時~18時(金・土曜日は~20時)/入場は閉館30分前まで
 休館日:月曜日(ただし4月30日(月・祝)は開館、翌5月1日(火)休館)
2007.05.02 | Art: 芸術  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。