POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
北欧モダン:デザイン&クラフト(作品目録)北欧モダン:デザイン&クラフト(チラシ表)北欧モダン:デザイン&クラフト(チラシ裏)

 卒業試験の期間中だけど、たまにはガス抜きをしないと腐ってしまう!とばかりに、大学の友だちと一緒に秋の京都市美術館まで足を運んだ。
 朝から雨が降っていて、気温もほどよく秋を感じさせるくらい。

 北欧にくわしいわけではないのだけれど、映画「かもめ食堂」のゆる~い雰囲気、マリメッコ (marimekko) のかわいいデザインなど、北欧という言葉には「なんだか、いいな」という印象を前から持っていたんである。
 のぞいてみれば、人の入りもそんなに多くはなく、ゆったりと見られるいい感じの展示で。
 思わず物欲を刺激されてしまう数々の家具や食器や、さまざまな生活用品。家具のなかでも椅子が多く、ゆったりと座れそうなソファや寝椅子から、機能的なものまでどれもおしゃれなデザインで見入ってしまった。どれも座れないのが残念なくらい、いいなあと思うのだけど、とくにエーロ・アアルニオ作の「椅子「ボール」または「グローブ」(球)」 (Ball Chair) というのが好き。まるい球体につつまれる形のソファで、座るとすっぽりと球体の中に収まる。
 北欧といえば「ムーミン」のトーヴェ・ヤンソンも忘れてはいけない。ムーミンの原画をはじめて見て、ムーミンってトロールだったんだ!と衝撃を受けた。知らなかった。
 他にも、アルヴァ・アアルトがデザインしたサナトリウム(結核療養所)の家具だとかを見ると、北欧のデザインは機能的なだけではなく「心地よい暮らし」を提供することに心を砕いているのかな、と感じた。
 北欧のひとたちは冬のあいだ家ですごす時間が長いから、家具にこだわるのだと昔聞いたことがある。
 なにかのヒントになりそうだ、と思いながら、展示会をあとにした。
 (そしてそのあと、卒業試験の勉強会に突入)。

【北欧モダン:デザイン&クラフト】
 2007年9月15日(土)~10月21日(日)
 京都市美術館
 開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)
2007.10.08 | Art: 芸術  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。