POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
新潮社:yom yom vol.4 グリーンとパープルは好きな色のくみあわせで、「yom yom vol.3」のとなりに「yom yom vol.4」を並べると気持ちがいい。
 このきれいな色の表紙とパンダにすっかりやられてしまって、いそいそと vol.4 も手にとってしまったのだった。
 「yom yom」は小説もいいけれど、エッセイやその他の読み物もなかなかすてきである。
 vol.1 からずっと連載されている「大平先生の yom yom 診療室」は、「診療室にきた赤ずきん」の作者で精神科医の大平健先生と、「だめんずうぉ~か~」の作者・倉田真由美さんが対談するかたちで「現代人の心のヤマイ」をユーモアまじりに斬っていくのが愉快だ。すべてを鵜呑みにはできないけれど、ユーモラスな語り口が楽しい。
 そして今回の特集・「ブンガク散歩」に、ぐっときてしまった。
 京都、東京(銀座・田端・世田谷など)、軽井沢、鎌倉。近代文学ゆかりの地を訪ね歩いた短いエッセイをあつめた特集で、近代と現代がリンクする不思議な感覚にとらわれた。とくに作家・森見登美彦さんが京都大学時代のことにも思いをはせつつ書かれた「登美彦氏、京都をやや文学的にさまよう」が、どこか幻想的な京都の雰囲気とよりそっていて、何度も行ったはずのところをもう一度歩いてみたい気分にさせられる。
 そうだ、京都にいこう。
 もちろん小説もいい。毎号かならず海外の作家をとりあげていて、今回はジョン・アーヴィング、まだ読んだことのない作家だが、自伝的エピソードを興味津々で読みきってしまった。
 また、ここにきて気づいたのは、書き下ろしの作品に(連載というわけではなく)同じ世界の話で、「あ、前の話とつながっていたんだ」と思うものがいくつかあること。これは次も読まないと、わくわくしてしまった。
 次号 vol.5 は11月27日発売だそう。たのしみ!
2007.11.04 | Bookshelf: 本棚  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。