POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
Amazon.co.jp:第四間氷期
 『砂の女』をだいぶ昔に読んだとき、安部公房のことを「暗くて気のめいるへんな話を書く人」というふうに感じたことを覚えている。中学生か高校生くらいで、蟻地獄の中に落ちた蟻の気分なんて知らないよ、という頃だったから無理もない。
 その安部公房の書いたものを、『第四間氷期』という意味ありげな題名に惹かれて、ふと本屋で手にとってページをめくってみた。すると、
死にたえた、5000メートルの深海で、退化した獣毛のようにけばだち、穴だらけになった厚い泥の平原が、とつぜんめくれあがった。
なんて、いかにも面白そうではないか。
 じっさい、これが面白い。
 けれども、読み進めるうちに疑問がふくれあがっていった。
 未来とは何か。
 『第四間氷期』では、未来があるひとつの形で提示される。
 そして、その未来を肯定的にとらえるものたちは、「その未来がどんなものであれ」受け入れているように思える。それが主流・メインストリームとなって流れを作ってゆくわけだけれど、その過程で未来に耐えられないものたちは主流にかき消されてしまうのだ。
 そのことに、わたしは違和感を覚えた。
 未来が現在にとって肯定的なものであるか否定的なものであるか、という問いを、作者はこの作品を通して投げかけているけれども、そういうものなのだろうか?天才・安部公房に対して失礼なことかもしれないけれど、わたしにはどうも、その「問い」自体がナンセンスのように感じられるのだ。
 未来は、単なる未来であり、肯定も否定もこえたところにある。
 現在も、過去も、同じだろう。
 ただ、それに対して肯定や否定の意味づけをするのは、かならず違う時代の人間であり、未来を「見る」という機械がなければ未来に対して本来は肯定も否定もされ得ない。また、現在が未来からみてどのような評価をされるかは、わたしたちには知るよしもない。ひとつの国の、現在のひとつの事柄ですら肯定と否定の両方の見地があるわけで、未来からみて現在が否定されたところで驚くことはなにもない。
 歴史とはつねに勝者が「作り上げてきた」ものであるし、現在の人が過去を断罪するのも、変だなと普段からわたしは思っているからだろうか。自分の未熟さもあって、いまいちこの作品の衝撃やすごさが伝わってこなかった。

 ひとつ考えられることは、この『第四間氷期』が未来が安穏とした日常の連続性の範疇の中にとどまっている肯定的なもので、未来からみてまた肯定されると妄信している人々への警鐘だった、ということである。
 このままの日常が未来永劫続くと思っている人にとって、『第四間氷期』はじつに効果的な警鐘となっているだろう。
 あるひとつの提示された未来への、反応。
 それを天秤にかけることが、この小説のおもしろさを生み出しているように思うと同時に、どうにも奇妙に感じられてしょうがないのだ。うまく説明ができないのだけれど。
 『第四間氷期』で描かれる未来の姿は、べつに衝撃的なものではない。そういう未来も、ありえるだろうなと思わせる公房の筆力はすごいと純粋に思う。けれども、その未来を否定し、現在にしがみつく人をわたしは否定できない。ただ現在を生きていてはだめなのだろうか?
 わたしが読み間違いをしているだけなのかもしれないけれども、後味の悪さと疑問が残る。
 (それこそが、狙いだという可能性はあるにしろ)。
2007.11.13 | Bookshelf: 本棚  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。