POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
Amazon.co.jp:診療室にきた赤ずきん
 よく、もののたとえに人生を物語になぞらえるけれども、精神科医である著者は童話や昔話といった「物語」を利用して、患者に患者自身の物語を与える。そして患者は自分自身の物語を語りはじめ、それぞれの思いを胸にそれぞれの人生―物語をまた続けていく。

 童話や昔話、絵本のお話と患者自身の物語が交錯しながら、わかりやすく平坦な言葉で12編の短い物語がつづられていくのが「診療室にきた赤ずきん」だ。
 患者はときに赤ずきんであったり、ジャックと豆の木のジャックであったり、ねむりひめであったりする。ひとつの物語の中の誰か一人の役だとは限らず、ひとりが赤ずきんであったり狼であったりもする。
 また、患者の物語はそのときそのときで変わり、人生の物語とは限らない。医者が接することのできる患者の人生は、そのほんの一端だからである。

 物語がぴったりとはまる、そのことに著者は奇妙な感じを抱いたそうだ。
 「はまる」のはごく一部なのではないか、こじつけではないかと思うと同時に、そういうこともあるのだろうという印象もいだく。それが本当かどうかは、じっさいに精神科で働いてみないとわからない。
 けれどももののたとえではなく、たしかに人生は物語なのだろう。
 自分の物語が見えなくなったとき、だから人生が無意味に感じるのかもしれない。
2006.03.04 | Bookshelf: 本棚  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。