POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
Amazon.co.jp:ホテル・ルワンダ
 「夕方から雨になるでしょう」と告げていた天気予報がひっかかって、好天にもかかわらず出掛けにかばんの中へと放り込んでおいた折り畳み傘が役に立ちました。
 時間は夜の8時。近鉄東寺駅ちかくのこぢんまりとした映画館を出ると、6時前に入ったころには晴れていたのに、外は雨。
 友人のKとふたりで傘を広げ、夜の雨の中を九条を東に、そして烏丸を北に、京都駅まで肩を並べてただ黙って歩きました。つい先ほど見てきた映画のせいで、ふたりともすっかり魂が抜けたように放心状態だったから、その沈黙は雨の音や車の音や人の足音と混じって心地よく流れていた気がします。

 アフリカのルワンダを舞台に、ふたつの民族の対立をめぐって起きた内戦が、ホテルの支配人である男性の目を通して描かれます。

 急に空腹を思い出して駅ビル内でごはんを食べながら、わたしたちふたりが映画とルワンダのシビアな現実に対して出した答えは、自分の道をいく、ということでした。
 というより、そういう生き方しかできないと言ったほうが正しい。銃口に泣き叫ぶ人のいるところまで、飛んでいくことはできない。また、自分の身を切るような支援もできない。募金すればいいのか?署名を集めればいいのか?軍隊を送ればいいのか?
 だから、結局自分が自分の日々を生きるしかない、と思います。
 自分のやれる範囲のことをやるしかない。
2006.02.22 | Movie: 映画  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。