POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
江戸の誘惑
 ウィリアム・ビゲローが蒐集し、ボストン美術館に寄贈したコレクションがこのたび日本へ里帰りした。

 好みは北斎。
 筆致の躍動感、瞬間を切り取って活き活きと魅せる能力は、とりわけ北斎の絵で強く感じる。構図も定型的なものにとどまらず、当時としては斬新な構図が多い。
 それにしても色彩の豊かなこと!
 あるいは墨彩のなかの彩色の鮮やかなこと。
 表情については定型的なものが多いし、肉筆画は貴重品だったようで展示されている絵は型にはまった美しさだったが、ショップにおいてあった北斎の画集は活き活きと表情の描かれたものも多く、そちらのほうにより魅力を感じた。

【ボストン美術館肉筆浮世絵展 江戸の誘惑】
2006年4月15日(土)~5月28日(日)
神戸市立博物館
入場時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
       金曜日・土曜日は午後7時まで(入館は午後6時30分まで)
休館日:月曜日 (ただし7/17は開館し、翌7/18は休館)
2006.05.20 | Art: 芸術  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。