POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
Amazon.co.jp:バグダッド・カフェ
 この映画を知ったきっかけは、歌からだった。
 ホリー・コールが切なく歌い上げる "Calling you" (コーリング・ユー)。
 出会ったのはもう5年ほど前にもなるだろうか。知人の勧めでホリー・コールのアルバムを買い、そこで初めてこれが映画「バグダッド・カフェ」の主題歌であり、カバーされて広く歌われていることを知ったのだった。
 ずっと見たいと思っていた映画。それを今回、やっと見ることができた。

 A desert road from Vegas to nowhere
 Some place better than where you've been
 (ベガスからの砂漠の道はどこへも続かない
 どこかほかにましなところはないものか)

 一面の黄色い砂漠と青い空をバックに、流れ出す "Calling you" の歌声。
 唐突に始まる別れのシーン。
 女は車から降りて荷物を取り出し、叩きつけるようにトランクを閉める。
 男はしまりの悪いトランクをどうにか紐でくくり、車で走り出す。
 砂漠を歩く女。

 A coffee machine that needs some fixin'
 In the cafe just around the bend
 (壊れかかったコーヒーマシーン
 道の曲がり角にある小さなカフェ)

 小さなカフェ「バグダッド・カフェ」でも、別れがあった。
 そして出会い。女と女が、男と女が、女と何かが、出会った。

 I am calling you
 I am calling you
 (私はあなたを呼んでいる)

 物語は淡々と進む。
 大きな山場があるわけではない。
 けれど、砂漠の砂が少しずつ積もるように、少しずつ、少しずつ、何かが変わっていく。
 急激な変化を求める人や、感動を求める人ならば、つまらないと感じるかもしれない。
 「見せ場」を期待するなら、見ないほうがいいだろう。

 小さな別れと出会いとを繰り返して、人は変わっていく。
 ほんの少しだけ、心のどこかがあたたかくなった。そして、たぶんそれでいい。

 (引用:"CALLING YOU" BOB TELSON)


●冒頭のホリー・コールの歌について
Amazon.co.jp:コーリング・ユー/ホリー・コール・トリオ
 映画の歌は彼女ではないです。これはカヴァー曲。
 HOLLY COLE TRIO はホリー・コールをボーカルとし、ピアノのアーロン・デイヴィス、ストリング・ベースのデヴィット・ビルチのトリオです。主にジャズナンバーを歌っているトリオですが、このアルバム「コーリング・ユー」はポップス色が強め。
 しかしお気に入りの一枚です。「コーリング・ユー」のほか、「スマイル」もいい。

●映画で流れているオリジナルの「コーリング・ユー」を歌うのは、ジェヴェッタ・スティール。こちらも透明感があって、ホリー・コールのものよりはあっさり目だけれどステキ。
2006.04.15 | Movie: 映画  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。