POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
Amazon.co.jp:雨に唄えば
I'm singin' in the rain
Just singin' in the rain
What a glorious feeling
I'm happy again
 「傑作」「名作」という言葉を冠されている映画が期待通りだったということは、少ししゃくな気がするけれども「雨に唄えば」に関していえば、本当に名作だった。
 冒頭の有名な "Singin' in the rain" を、ジーン・ケリー演じるドンが歌いながら土砂降りのなか踊るシーンは、ほんとうに、いい。
 このシーンに限らず、音楽、ひいては音そのものを体全体で楽しむ、まさにミュージカル映画。見ていると踊りだしたくなっちゃうし、歌いだしたくなっちゃう。
 さっきのシーンの話に戻れば、水たまりをジャブジャブ、雨どいから流れ落ちる滝のような雨をジャージャー、もちろん雨のザーザーいう音、そんな音たちを楽しむように踊るドンはカッコイイ!
 ストーリーそのものはシンプルでわかりやすく、けれども(だからこそ?)心に染み入ってくるものがある。
デビー・レイノルズ演じるキャシーの歌、ドナルド・オコーナー演じるコズモのコミカルなダンス、ドンとコズモのタップダンス、3人のダンスなど見どころは盛りだくさん。
 ところで、ジーン・ヘイゲン演じるリナの声は地なのだろうか?演技だとしたら、すごい!嫌われ役だが、彼女もなんだか憎めない。
 何度でも見てしまいたくなった。
2006.07.13 | Movie: 映画  
上に戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。