POOL
プロフィール
Kumiko
Author:Kumiko
猫になりたい。
くわしいことはinfo
検索
ブログ内でさがす

Amazon内でさがす

さがしものはなんですか?
FC2 blog
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告  
Amazon.co.jp:女王国の城
 たしか、『双頭の悪魔』を読んだのが高校1年か2年のときだったから、それから数えてもゆうに8年ほどは経っている。『双頭の悪魔』が刊行されたのが1992年だから、実に15年ぶり……と考えてめまいがした。
 何のことかといえば有栖川有栖さんの書く、江神二郎を探偵とした一連のミステリ・シリーズものの話である。有栖川さんのデビュー作『月光ゲーム』をはじめとして、『孤島パズル』『双頭の悪魔』と続いていたのだが、ぴたりとその次が出ていなかった。
 それが、なんと昨年(2007年)の秋に続きが刊行された。けれどもそのとき卒業試験まっただ中、加えて国家試験を控えている身。その分厚さに「これをいま読んではいけない」という無言の圧力を感じ取り(ハードカバーで厚みが3cmもある)、背表紙を見つめたまま手をひっこめたんである。

 そういったわけで、自由の身となったいま、やっとこの本を読んだのだった。最近は本を読むスピードが落ちていたから、これは3日くらいかけてゆっくり読むのかなと想像していたら、1日でひといきに読みきってしまった。
 特にこだわりのない半端なミステリ読者のわたしではあるが、ほどよい「謎解き」のパズル感がいい。こまかいところを気にする人には納得のいかないこともあるだろうけれども、わたしとしては江神さん、アリス、マリア、モチさん、信長さんといった面々にまた会えたね、といううれしさのほうが大きい。

 そしてこれ、26日に北山に行ったあとに河原町三条下ルのジュンク堂書店で、友だちと「読み終わったら、あの本とトレードね」という約束をして買ったのだった。貸してもらうのは、『ダヴィンチコード』。あれもこれも、まだ読んでいない本がたくさんある。
 友だちは高校時代からの同級生で、大学は違うが国試のときも受験番号が連番だった。そういえば『月光ゲーム』から『双頭の悪魔』までの一連の作品も彼女に貸したなあ。彼女からもたくさんの本を貸してもらったし、いろんな本を教えてもらった。
 そういう思い出と、『女王国の城』に出てくる大学生(江神さんは28歳だけど)のみんなの様子がまじり合って、ほんの少しだけしんみりしてしまった。10年も付き合いが続いていることを、大切にしたいなと思う。
2008.02.27 | Bookshelf: 本棚  
Amazon.co.jp:第四間氷期
 『砂の女』をだいぶ昔に読んだとき、安部公房のことを「暗くて気のめいるへんな話を書く人」というふうに感じたことを覚えている。中学生か高校生くらいで、蟻地獄の中に落ちた蟻の気分なんて知らないよ、という頃だったから無理もない。
 その安部公房の書いたものを、『第四間氷期』という意味ありげな題名に惹かれて、ふと本屋で手にとってページをめくってみた。すると、
死にたえた、5000メートルの深海で、退化した獣毛のようにけばだち、穴だらけになった厚い泥の平原が、とつぜんめくれあがった。
なんて、いかにも面白そうではないか。
 じっさい、これが面白い。
 けれども、読み進めるうちに疑問がふくれあがっていった。
 未来とは何か。
 『第四間氷期』では、未来があるひとつの形で提示される。
 そして、その未来を肯定的にとらえるものたちは、「その未来がどんなものであれ」受け入れているように思える。それが主流・メインストリームとなって流れを作ってゆくわけだけれど、その過程で未来に耐えられないものたちは主流にかき消されてしまうのだ。
 そのことに、わたしは違和感を覚えた。
 未来が現在にとって肯定的なものであるか否定的なものであるか、という問いを、作者はこの作品を通して投げかけているけれども、そういうものなのだろうか?天才・安部公房に対して失礼なことかもしれないけれど、わたしにはどうも、その「問い」自体がナンセンスのように感じられるのだ。
 未来は、単なる未来であり、肯定も否定もこえたところにある。
 現在も、過去も、同じだろう。
 ただ、それに対して肯定や否定の意味づけをするのは、かならず違う時代の人間であり、未来を「見る」という機械がなければ未来に対して本来は肯定も否定もされ得ない。また、現在が未来からみてどのような評価をされるかは、わたしたちには知るよしもない。ひとつの国の、現在のひとつの事柄ですら肯定と否定の両方の見地があるわけで、未来からみて現在が否定されたところで驚くことはなにもない。
 歴史とはつねに勝者が「作り上げてきた」ものであるし、現在の人が過去を断罪するのも、変だなと普段からわたしは思っているからだろうか。自分の未熟さもあって、いまいちこの作品の衝撃やすごさが伝わってこなかった。

 ひとつ考えられることは、この『第四間氷期』が未来が安穏とした日常の連続性の範疇の中にとどまっている肯定的なもので、未来からみてまた肯定されると妄信している人々への警鐘だった、ということである。
 このままの日常が未来永劫続くと思っている人にとって、『第四間氷期』はじつに効果的な警鐘となっているだろう。
 あるひとつの提示された未来への、反応。
 それを天秤にかけることが、この小説のおもしろさを生み出しているように思うと同時に、どうにも奇妙に感じられてしょうがないのだ。うまく説明ができないのだけれど。
 『第四間氷期』で描かれる未来の姿は、べつに衝撃的なものではない。そういう未来も、ありえるだろうなと思わせる公房の筆力はすごいと純粋に思う。けれども、その未来を否定し、現在にしがみつく人をわたしは否定できない。ただ現在を生きていてはだめなのだろうか?
 わたしが読み間違いをしているだけなのかもしれないけれども、後味の悪さと疑問が残る。
 (それこそが、狙いだという可能性はあるにしろ)。
2007.11.13 | Bookshelf: 本棚  
新潮社:yom yom vol.4 グリーンとパープルは好きな色のくみあわせで、「yom yom vol.3」のとなりに「yom yom vol.4」を並べると気持ちがいい。
 このきれいな色の表紙とパンダにすっかりやられてしまって、いそいそと vol.4 も手にとってしまったのだった。
 「yom yom」は小説もいいけれど、エッセイやその他の読み物もなかなかすてきである。
 vol.1 からずっと連載されている「大平先生の yom yom 診療室」は、「診療室にきた赤ずきん」の作者で精神科医の大平健先生と、「だめんずうぉ~か~」の作者・倉田真由美さんが対談するかたちで「現代人の心のヤマイ」をユーモアまじりに斬っていくのが愉快だ。すべてを鵜呑みにはできないけれど、ユーモラスな語り口が楽しい。
 そして今回の特集・「ブンガク散歩」に、ぐっときてしまった。
 京都、東京(銀座・田端・世田谷など)、軽井沢、鎌倉。近代文学ゆかりの地を訪ね歩いた短いエッセイをあつめた特集で、近代と現代がリンクする不思議な感覚にとらわれた。とくに作家・森見登美彦さんが京都大学時代のことにも思いをはせつつ書かれた「登美彦氏、京都をやや文学的にさまよう」が、どこか幻想的な京都の雰囲気とよりそっていて、何度も行ったはずのところをもう一度歩いてみたい気分にさせられる。
 そうだ、京都にいこう。
 もちろん小説もいい。毎号かならず海外の作家をとりあげていて、今回はジョン・アーヴィング、まだ読んだことのない作家だが、自伝的エピソードを興味津々で読みきってしまった。
 また、ここにきて気づいたのは、書き下ろしの作品に(連載というわけではなく)同じ世界の話で、「あ、前の話とつながっていたんだ」と思うものがいくつかあること。これは次も読まないと、わくわくしてしまった。
 次号 vol.5 は11月27日発売だそう。たのしみ!
2007.11.04 | Bookshelf: 本棚  
新潮社:yom yom vol.3 まってました。
 「yom yom vol.3
 vol.1 の赤、vol.2 の白に続く、vol.3 はあざやかな黄緑で。久しぶりに寄った本屋で、この黄緑を目にしたときのうれしさといったら!
 それが7月のなかばごろのお話。
 (いや、でも。これから忙しくなるし)。
 としばらく逡巡したあげく、パンダの誘惑に勝てずにレジに持っていってしまった。ああ…。
 1ヶ月かけて、ちまちまと読みすすめることのできる楽しさ。問題点といえば、「あれもこれも読みたい!他の作品も読みたい」が止まらなくなってしまうことかも。ぐっと、こらえてはいるものの。
 個人的には、「やっぱり星新一はすごい」。
 部分的に読んだ、彼の作品をまとめて読んでみたくなった。
 でも、いつになることやら。
2007.08.13 | Bookshelf: 本棚  
Amazon.co.jp:わたしの生涯
 小学生のころにヘレン・ケラーについて書いた伝記を読んで、夏休みの読書感想文を書いたことがある。いまとなっては何を書いたかなど忘れてしまったけれど、ありきたりな「見えない、聴こえない、言えないという3重苦から抜け出した偉大な人」という印象をいだいたまま、それきり彼女について深く考えたことはなかった。
 伝記の記述のされ方や、わたし自身の未熟さのために、彼女はすばらしい人であり、わたしとは違うような何かを持っていたのだろう、と単純に考えた記憶がおぼろげながら残っている。

 本書『わたしの生涯』は、彼女がラドクリフ・カレッジに在学中で20歳だったころに書いた "The Story of My Life" と、中年をすぎてから書いた "Midstream" の2つの自伝の翻訳である。前者は「暁を見る」、後者は「濁流を乗りきって」と「闇に光を」とに翻訳され、全部で3章の構成になっている。

 ヘレン・ケラー。
 「すばらしい人であり、わたしとは違うような何かを持っていた」
 というのは真実であり、まちがいであった。
 これを読んだのは、おもに電車での移動中の空き時間を利用してのことだった。ときおり文章を追いかける目線をあげて、車窓の外の風景を眺めやると、まるでヘレンの魂に寄り添われているような気がした。
 100年以上も前の時代であり、文化的にも宗教的にも、社会的にも異なった背景を持っているにもかかわらず、彼女の言葉にはふしぎと近く感じられる。もちろん、違うところも多くあり、そこからは学ぶものも大きい。
 なによりも目をみはらずにはいられないのは、風景や日常のこまごましたこと、友人たちとの交流の描写である。とくに、自然のいぶきを、詩の一節なども交えつつ描く筆致は(古いながらも)美しい。
 それを見るにつけ、目と耳とに身体的制限があった彼女は、まさしく「魂で見て、聞いていた」のだろうなと心が震えた。そして、身体的な制限により、閉ざされていた彼女の魂を世界へと開放した、アン・サリバン先生の教育にも。
 すこし話が飛ぶが、イギリスの難聴を持つパーカッショニスト、エヴリン・グレニーは、そのドキュメンタリー映画である "Touch the Sound そこにある音"の中で、こう語っている。
―「どうやって聴くの?」と聞かれたら、こう答えるわ。
―「さあ、わからないけれど体を通して聴くのよ。自分をオープンにして。」

 自分をオープンにし、世界とつながる。そして、見て、聴く。
 目にも耳にも身体的障害などなくても、「見えず」「聞こえず」ということは多い。それは、対象に対して感性が閉じているからだ、と思う。
 (卑近な例でいえば、「目の前にあるものを一生懸命探している」なんて、よくある例ではないだろうか。見ているはずなのに、見落とす、というのも社会には多い)。
 魂で見ることも聴くことも、ごく当たり前に誰にでも備わっているはずのものであり、ヘレンやエヴリンが何か特別なことをしたというわけではないと思う。もちろん、わたしもそうだ。

 さて、カバーの折り返しには、"「奇蹟の人」ヘレン・ケラー女史の祈りと感動の自伝" と紹介されているけれども、この紹介文を書いた人は中身を読んでいないんじゃないだろうか。
 読めば、ヘレン・ケラーが自身を「奇蹟の人」などとは思っていないことは、すぐにわかるだろうのに。
 そこに違和感を覚えて調べてみたら、「奇蹟の人」とはサリバン先生を主人公にした、ギブソン作の演劇だった。「奇蹟の人≠ヘレン・ケラー」であって、「奇蹟の人=サリバン先生」ということらしい。

 それにしても、マーク・トゥエイン、グラハム・ベル、トーマス・エジソンなど、著名な人々がつぎつぎに出てくるのには驚き!とくに、電話の発明で有名なグラハム・ベル博士の、知らなかった側面がかいま見れたことは、楽しい発見だった。

 五感のとびらを開放して世界と触れ合うなら、そこに息づくなにかを掴めるような、そんな気持ちになりながらこの本を閉じた。

【07/8/8 追記】
 上ではいいことのほうを書いているけれど、ふと思い返すと『わたしの生涯』にはけっこう、欠点や失敗も書かれてたりするのだ。
 「偉大な人」というよりは、等身大のヘレンが見える。
 その時代を生きた女性のものの感じ方とか、どういうことを考えていたのかとか、そういうところが面白い。
 自己中心的になりがちであるとか、自我を通そうとするところとか、「うわー、わかるわかる!」となんだか自分を見ているようで、どきどき。
2007.08.07 | Bookshelf: 本棚  
上に戻る 新しい記事を見る 過去のエントリーを見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。